どんな魅力がある?壁面緑化を取り入れるメリットと注意点

壁面緑化を取り入れるメリット

建物の外壁部分に植物を生育させる壁面緑化にはいくつかのメリットがあります。その代表的な物として挙げられるのが経年劣化の減少です。建物に使われるコンクリートなどの素材は消耗品で年月の経過と共に劣化していきます。壁面緑化は素材の劣化を速める太陽からの紫外線や雨風などの自然現象から建物を守れるので結果的に寿命を延ばすことができるのです。

断熱効果による室温調整のしやすさ

外壁部分に植物を生育させることは建物の断熱効果と言うメリットも生みます。コンクリートなどの素材は外気の環境に影響されやすく、紫外線によって建物が熱せられ必然的に室温が上がるのは避けられません。冬場も同様に寒さによってコンクリートが冷やされることで室温が下がってしまいます。壁面緑化による断熱効果を得ることで1年を通して快適な温度をキープすしやすくなるのです。これにより、エアコンなどの利用頻度を少なくして光熱費などのコストも削減できます。

利用する上で気を付けるべきポイント

壁面緑化にはメリットが多い反面、気を付けなくてはいけない点もいくつかあります。その一つが手入れです。植物は時間の経過と共に成長していきます。そのまま放置をしておくと窓全体に覆いかぶさって室内が暗くなるなどの弊害がでてしまうため、定期的なメンテナンスを行わなければいけません。植物の種類によっては害虫のターゲットにされてしまうこともあります。気が付いたら葉っぱが食べられてしまったという失敗例もあるので、生育する植物の選び方も重要なポイントです。

壁を植物で覆う壁面緑化は、建物や周辺の温度を抑えるだけではなく、吸音性能、つまり室内への騒音を抑制する効果もあるとされています。