知っておきたい屋上緑化のメリットと注意すべきポイント

屋上緑化のメリットとは

屋上緑化は緑豊かな建物を作るための手段の一つですが、これには知っておくべきメリットと注意すべきポイントが存在します。まず、メリットとしていえるのは、屋上にたくさんの植物を配置することによって、建物内の室温の上昇を抑制できる効果が見込めるという点です。植物が太陽熱を吸収してくれるため、夏の暑い時期でも部屋の温度はそこまで高くなりにくくなります。また、もう一つのメリットは、屋上緑化を行う際に、自治体などの助成金が受け取れるケースがあるという点です。屋上緑化は、植物を増やして自然を保護することにつながりますので、自治体などの中には積極的に推進しているところが少なくありません。場合によっては少額の自己負担で済むケースもあるので、使える助成金がある場合は利用するとよいでしょう。

屋上緑化の注意点とは

屋上緑化にはメリットがある一方で、注意すべきいくつかのポイントがあります。まず一つ目は、十分なスキルと経験を備えた業者に依頼して行わなければならないという点です。植物の成長力は予想以上ですので、下手に屋上に植えたりすると、気が付けば根っこが壁を突き破ってしまったり、天井が侵食されて雨漏りの原因になったりしかねません。そういった事態を避けるために、屋上緑化を行う際には、必ず信頼のできる業者に頼むようにしましょう。また、二つ目の注意点は、維持に手間とコストがかかるという点です。きれいな見た目を維持するためには、定期的なメンテナンスが不可欠ですので、その点も頭に入れておく必要があります。

屋上緑化とは、ビルの屋上などに植物を植えることです。緑化することで景観が良くなるだけでなく、太陽光を遮ってヒートアイランド現象を防ぎ、外壁の劣化を防ぐなどのメリットがあります。