誰にでも喜ばれる内祝いは何?カタログギフトのメリット・デメリットを知ろう!

今や定番?カタログギフトのメリットとは!

内祝いを選ぶ時、多くの方が悩むのではないでしょうか。親戚、友人や知人、そして会社の上司や同僚など、贈る相手の好みや欲しいものを把握することは難しいですよね。「何を贈れば喜んでもらえるだろうか」と考えてしまいます。このような悩みを軽くしてくれる方法のひとつが、カタログギフトです。

カタログギフトのメリットとして、先ず予算が決めやすいという点が挙げられます。価格帯が豊富なので、予算に合わせて選択することができますし、金額ごとに贈り分けることも可能です。次に商品のラインアップが豊富であり、贈られた側が好きな品を選ぶことができる点があります。同時に贈る側も、贈る品に迷い悩むという心理的負担が軽くなります。また結婚式などで引き出物として贈る場合には、軽くてかさばらないので持ち帰りが楽であるという点が、メリットといえるでしょう。

デメリットもある?カタログギフトの最大の魅力とは!

カタログギフトのデメリットとして考えられるのは、カタログの中に贈られる側の欲しいものや必要なものが掲載されていないということです。またカタログと実物との間にギャップが生じるということもあります。実物を確認して申し込むことができないので、このギャップがデメリットになります。加えて贈られる側が注文するので手間がかかることや、有効期限が過ぎてしまうということもあります。そして贈る側が選んでくれた品ではないため、お礼の気持ちが伝わりにくいこともデメリットといえそうです。

カタログギフトには様々なメリットやデメリットがありますが、選べる楽しさを贈るという大きな魅力も兼ね備えています。複数のカタログギフトを検討して、状況に応じた活用をしてみてはいかがでしょうか。

内祝いには、出産や結婚などでお祝いの品をもらった際、もらった品物の値段の、2分の1から3分の1程度の品物をお返しします。